地雷を踏まない技術

日本政策金融公庫攻略法

MENU

地雷を踏まない技術

こんにちは。行政書士の林です。

 

 

以前来たメールを紹介します。

 

読みづらいので私が改行していますが
原文そのままです。

 

 

 

 

初めまして(名前)です。

 

毎日送信してくださっているメールは
大変役に立っており感謝いたしております。

 

質問なんですが、林さまに直接メール、
もしくは電話相談できるのでしょうか?

 

もしできるなら、料金を教えていただきたいのですが。

 

実は、今回初めて設備資金の融資を受けるに当たり、
知り合いに税理士を紹介していただいて

 

その方に確認した上で、大丈夫だということで
申請したら、融資がおりなかったのです。

 

 

日本政策金融公庫の担当者は、面接のときに、
計画を見直して再申請してください

 

とおっしゃったので、再挑戦するつもりで、
計画の見直しをしていますが、

 

今度は確実に通したいので
相談に乗っていただけたら嬉しいのですが。

 

お返事お待ちしております。

 

 

 

 

(ここまでです)

 

こんな感じのメールは
しょっちゅうもらいますので
うすうす気づいていたんですが

 

 

みんなが融資に失敗する原因は

 

間違ったアドバイスをもらっていたり

 

もしくは、誰からもアドバイスをもらっていない

 

ことにあるのではないかと思うわけです。

 

 

 

「馬鹿だから騙されるんだよ」

 

という意見もあると思いますし、

 

「ビジネスなんだから全部自己責任だよ
 判断をミスったそいつのセンスがないんだよ」

 

という意見もあると思います。

 

 

 

融資が簡単だと勘違いしてろくな準備もせずに
突っ込んでいって失敗したんであれば

 

私もそんなヤツは別にいいんですが

 

真面目にアドバイスを求め、準備をしたのに
アドバイスが間違っていたために失敗するのは
さすがにあんまりだと思います。

 

もともと融資なんてものは
10人に3人も成功しないものなんだから
落ちたとしても普通の結果だよ

 

という考え方もあるんでしょうが

 

私の意見としては

 

この人は自分のせいで落ちたわけではない
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
と思えたわけです。

 

 

ということなので、返信をしたんですが

 

この方には

 

制度融資を軸に再調整したほうがいいですよ

 

と伝えました。

 

 

短いメールだったんで、これだけでは
大体しかわからず、私の勘の部分の大きいのですが

 

 

地雷を踏んだかもしれない

 

 

と、思ったからです。

 

 

 

 

以前から、異常に多い質問として

 

 

日本政策金融公庫は一度失敗すると2度目はないんですか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

というのがありますんで

 

今回このことについてのレポートをまとめました。

 

 

悩んでいる人は本当に悩んでいると思います。

 

 

 

確かに、日本政策金融公庫の融資で失敗したら

 

2度目はない、とか

 

半年は申請できない、

 

とか言っている人がいます。

 

ですので、今回はこのことについて

 

私なりの見解をまとめました。

 

 

レポートの名前は「地雷を踏まない技術」
といいます。

 

 

ここであなたに知っておいてほしいのは

 

 

失敗の仕方によっては取り返しのつかない場合がある
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

ということです。

 

 

 

2つ書いておいたんですが

 

この2つの理由で失敗した場合

 

取り返しがつきません。

 

要するにまた、チャレンジしようと思っても
まずムリな状態になってしまうということなのです。

 

 

これから申請するならなおさら
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
できれば今のうちから知っておいてください。

 

 

 

 

今回もレポートは無料で配布しますが、その代わりに

 

 

あなたが

 

何月何日までにいくら融資を通したいのか?

 

を「具体的」に教えてください。

 

例えば

 

飲食店での開業を考えてますので
4月16日までに設備資金として
800万円の融資を受けたいと思っています。

 

とか

 

実は私はすでに製造業で独立しているのですが
手元の運転資金が足りなくなりそうなので
3月31日までに400万円の融資を受けたいと思っています。

 

 

のような感じで教えてください。

 

 

今のあなたがいる段階を教えてもらって
今後送るメールの内容を決めようと思っているからです。

 

 

もっと、あなたの役に立つようなメールを
送りたいと思ってやっていることなので
協力してくれればありがたいです。

 

 

では、
参加をお待ちしてます。

 

 

特別レポート「地雷を踏まない技術」
の請求はこちらを今すぐクリックしてください

 

 

今日は以上です。

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

行政書士 林 誠

 

 

 

 

追伸1

 

 

次回のメールの内容は、今回あなたに
送ってもらう内容を読んでみてから
決めようと思います。

 

開業予定の人が多かったら、運転資金と設備資金では
どっちが融資に通りやすいのか?

 

とかを送るかもしれませんし、

 

事業をやってて運転資金が足りません、とかの人が多かったら
運転資金を上手に引き出す方法

 

とかの内容を送るかもしれません。

 

ですので、ちょっと時間が空くかもしれませんが
どっちにしても役に立つ内容にしますので

 

楽しみにしておいてください。

 

【おすすめページ】熊本 車庫証明