日本政策金融公庫融資相談について

日本政策金融公庫攻略法

MENU

日本政策金融公庫融資相談について

こんにちは。行政書士の林です。

 

 

今日の内容は今度あなたに案内する
私の有料相談についてだけです。

 

興味がない場合には今日のメールは
読まないでいいと思います。

 

 

具体的な日程はまだ決めていませんが
(他の案件との兼ね合いがあるので調整中です)
近々連絡できると思います。

 

 

で、せっかく申し込んでくれるわけですから

 

今回の相談には特典を付けておこうと思っています。

 

日程も決まってないのに特典だけ決まっているというのは
変な話なのですが・・・

 

 

今までもらっている質問や
困っていることを見直しているのですが

 

 

「林先生、どれくらい事業計画書を書けばいいのかがわかりません」

 

 

という、一度でも本気で事業計画書を書いてみたことがある人なら
もれなくぶつかる悩みを抱えている人が多いようです。

 

 

あなたもそうだと思います。

 

 

まあ、要するに

 

 

字がぎっしり50ページくらいある事業計画書を書けばいいのか

 

配布されてる創業計画書をエンピツで適当に埋めたような
フランクな事業計画書がいいのか

 

(どっちもダメです・笑)

 

 

要するに

 

バランスがわからない
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ということだと思います。

 

 

私が直接書いた事業計画書のサンプル
を配布しますのでこのリンクの上で

 

「右クリック」→「対象を保存」

 

でダウンロードしてください。
http://www.kokkin.biz/sample/jigyou1.pdf

 

 

これは1ページだけですが、今度の有料相談に
申し込んだ人にはもれなく全員に「完全版」を配布します。

 

 

実際に融資に通った事業計画書であるだけではなく

 

「制度融資」を併用する形で書かれた事業計画書のサンプル
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
というのは他では手に入れることはできないと思います。

 

 

私がかねてより言っている事業計画書の

 

必要最低限のレベル

 

必要十分なレベル

 

それを相談前に確認しておいてください。

 

 

これは相談料の入金が確認できた時点で
メールに添付して送付する予定で準備をしていますので
一度、目を通してから私との電話相談にのぞんでください。

 

あと

 

 

あなたが今回せっかく私の有料相談に
申し込んでくれて、直接電話で話すことができる
わけなんで

 

もうひとつ特典をつけておきます。

 

 

これまであなたには多くのメールと
レポートをプレゼントしてきたわけですが

 

正直、たくさんあげすぎて
頭の中がグチャグチャになっているかもしれません。

 

 

すっきりまとまった知識でないと応用が利きませんし
なにより行動するときにスピードが出ないと思います。

 

 

ですので、

 

 

私が今まで話してきたことをシンプルに
5つのステップにまとめましたもののサンプル
を配布しますのでこのリンクの上で

 

「右クリック」→「対象を保存」

 

でダウンロードしてください。
http://www.kokkin.biz/sample/5stepsample.pdf

 

 

これは2ページだけですが、今度の有料相談に
申し込んだ人にはもれなく全員に「完全版」を配布します

 

 

単純にいうとこれは単なるDMなんですが
せっかくなんでシンプルにまとめたものを
書いておこうかなと思っただけです。

 

 

コンサルや法律系の事務所と付き合いがある方はわかると思いますが
普通は仕事を一つ頼んでそれが終わったら「さようなら」です。

 

 

にもかかわらず私の事務所の場合

 

リピートが8割を超えています。

 

それがなぜなのかはこのDMを読めばわかると思います。

 

 

 

これも相談料の入金が確認できた時点で
メールに添付して送付する予定で準備をしていますので
一度、目を通してから私との電話相談にのぞんでください。

 

 

重要なので繰り返しますが、

 

このDMはチェックポイント形式で
融資に関する知識をまとめていますので
相談前にあなたは、必ず目を通して

 

・今どの段階で悩んでいるのか

 

・何が足りないのか

 

・何を相談すれば解決するのか

 

を考えて相談に臨んでください。

 

そうすれば1時間などかからずに
融資に関する悩みはなくなると思います。

 

 

残った時間で、私と楽しくビジネスの話を
しましょう。

 

 

 

今日の話をまとめると

 

今度の有料相談に申し込むあなたが
受け取るものは

 

 

・私に直接質問することで全ての疑問がなくなる電話相談1時間

 

・実際に私が書いた事業計画書のサンプル

 

・開業資金融資の知識を5つのステップにまとめたレポート

 

 

です。

 

 

もしかしたら気まぐれで何か特典を
追加するかもしれないですが

 

現時点ではまだ決まっていません。

 

では、また日程などが決まったらメールで
お知らせします。

 

 

今日は以上です。

 

 

ありがとうございました。

 

 

行政書士 林 誠

 

 

 

追伸

 

 

私は最低1回は私のメールを読んでくれているあなたに
有料相談の案内をしたいと思っています。

 

ですが、お気づきの通りの超多忙な毎日を
過ごしていますので、そう何回も案内は出来ない
と思ってます。

 

毎回そうですが、受付の日程が決まってから
募集が終了するまで多分1週間くらいだと思います。

 

あなたが参加を希望される場合は
このリンクをクリックして、確実に届くメールアドレスに
変更しておいてください。

 

 

 

今回は当然、お金をいただいて相談にのる以上
誰でも参加できるこのメールでは言えない話、
危険な話、裏情報などもお伝えする予定でいます。

 

 

ですが、もしかしたら、あなたの望むタイミングで
相談をお受けできないかもしれません。

 

 

その際には、残念ながら私たちと一緒にがんばることは
出来ませんが

 

これまで有料級の情報をメールで散々送っていますので
繰り返し読んで融資、その後の事業運営をがんばってもらえれば
と思います。

 

しばらくは今回の参加者の融資を通すために
全力を尽くしますので、メールは送れないと思いますが

 

 

また、スケジュールが落ち着いてきた際には
ビジネスや融資に必要な情報をこのようなメールで
送ろうと思っています。

 

 

では、がんばりましょう。

 

【おすすめページ】日本政策金融公庫で、1000万円以上の融資を引き出す3つのコツ