事業を始めるのに必要な2つの能力とは?

日本政策金融公庫攻略法

MENU

事業を始めるのに必要な2つの能力とは?

こんにちは。行政書士の林です。

 

今日は、会社を作ったほうがいいのかという話と
「ビジネスに必要な2つの能力」について。

 

2つをテーマに行きます。

 

当然、興味があるほうだけ読んでもらってかまいませんし
両方読まない選択肢もあると思いますが

 

2つ目のテーマを読んでもらうと

 

なぜほとんどのビジネスがうまくいかないのか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
についてわかるようになると思います。

 

 

 

では、まず、会社の設立についての話です。

 

「会社を作ってから融資の申請をしたほうがいいですか?」

 

という質問をもらうことがあるのですが

 

この質問で、本当に聞きたいのは

 

 

会社を作ってから融資申請したほうが通りやすいですか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

ということだと思います。

 

私は消費税の免税期間との関係、経理事務処理の煩雑さ
などなどから「個人事業で始めることを勧めています」し、
そっちのほうが儲かると思っていますが

 

あなたが会社設立も検討しているなら
以下のリンクをクリックして参考にしてください。

 

 

会社設立と融資の関係
http://www.kokkin.biz/kaishasetsuritsu.htm
会社にしたほうが融資は通りやすいのか
http://www.kokkin.biz/kaishasetsuritsutoyuushi.htm

 

 

さてさて、次はあなたが事業を始めるに
あたって、避けては通れない話。

 

あなたの能力的な話です。

 

 

私のお客さんの中には、

 

事業を始めて、1〜3ヶ月で
その前の会社の役員時代や店長時代に比べて

 

いきなり収入が2〜3倍になる人は珍しくありません。

 

 

どちらかというと普通。

 

 

じゃないなら、借金までして事業を始めようとは
思わないじゃないですか。

 

あなたもそうだと思います。

 

 

ですが、事業がうまくいかない人も一定数います。

 

 

で、ここで今一度、事業を根本的に考えてみて
欲しいんですが

 

この世にあるビジネスは全てこの流れで
進むと、私は考えています(あくまで私の意見です)

 

 

お金を準備して

 

 

そのお金を増やす

 

 

この2段階。

 

この世の全てのビジネス、事業はこの2段階で進むわけです。

 

資金を確保して

 

その資金を増やしていく

 

その増えた分が利益。

 

 

お金を準備することは、単純に資金調達なんですが
これが0円で始められるビジネスはこの世にありません

 

あるにはあるんですが、初月から生活できるだけの利益を
出すことは不可能です。

 

だから、まずは、まとまった資金を確保する必要があります。

 

融資だけじゃなくて、出資を受けてもいいし
友人からもらってもいい。自分で貯めてもいい。

 

とにかく、手元にまとまった資金を引っ張ってくる
必要があります。

 

 

 

次に、その資金を使いながら増やしていく必要があります。

 

 

要するに、売り上げを出す、とか、単純に投資とかでも
いいのでその金額を増やしていく作業。

 

そうして、増えた分の差額が自分の自由に使っていい
お金になります。

 

シンプルに考えれば、これだけです。

 

ということは、裏を返せば

 

ビジネスするに当たって、社長に必要な能力は
2つしかないわけです。

 

 

必要な資金を引っ張ってくる能力

 

それを増やす能力

 

 

この2つだけあればいいし、この2つのうち
どちらかが欠けると事業は失敗するということになります。

 

たまに、2つともない人がいますが・・・

 

 

だから、例えば経理がわかりませんとか、
インターネットが苦手です、とかいう人がいますが

 

それは別に事業に必要な能力ではない、わけです。

 

本質ではない。

 

 

だから、外注すれば済みますし、特に気にする必要は
ないわけです。

 

まあ、最悪、資金を引っ張るほうは私のこのメールを読んで
必要な場合は相談したり、事業計画書を代わりに書かせれば
融資でなんとかなるでしょう。

 

 

問題はこっちのほう。

 

資金を増やしていく能力。

 

これは外注がほぼ不可能です

 

そして、

 

資金を増やしていく、要するに
売り上げを出し続けるために最低限
独立の時点で私が必要だと思っているのは

 

 

1.時代を読む力

 

2.察知力

 

3.企画力

 

4.コミュニケーション能力

 

 

の4つです。

 

コミュニケーション能力の中には当然
セールスの技術や広告を書く技術を含みます。

 

 

また、機会があれば、深く解説したいですが
とにかく2012年以降は必須であろうと思っています。

 

まとめると、ビジネスがうまくいくために
あなたが持っていないと話にならないのは

 

 

・必要な資金を引っ張ってくる能力

 

・それを増やす能力

 

 

という2つの能力で、特に資金を増やしていく能力
のほうが大事だということを覚えておいてください。

 

 

 

では

 

今日は以上です。

 

 

ありがとうございました。

 

 

行政書士 林 誠

 

 

 

追伸1

 

 

私はこれまでに2度、日本政策金融公庫の面談を

 

受けたことがあるのですが、

 

怒鳴られている人を見たことがあります。

 

キャリアウーマン風の担当者に

 

かなりの勢いで突っ込まれている

 

今風の格好をした若い起業予定の男性も

 

目にしたことがあります。

 

 

横目で見ながら

 

 

「あんなふうに問い詰められたらオレなら泣いちゃうな」

 

 

と思ったのですが、そんなことも含めて、次回は

 

 

「面談」

 

 

の話をしようと思います。

 

【おすすめページ】会社設立手続き